“3 Pocket Blouson/3PB” by The Armoury

Share on twitter
Share on facebook

随分と久しぶりの文章となります、Moto Kwokです。

今回ご紹介するのは、香港とNYCに2店舗ずつ展開するThe Armoury/アーモリーの商品、「3 Pocket Blouson (以下:3PB)」です。
クラシックなアイテムが中心のアーモリーですが、カジュアルアイテムも「Dayware/デイウェア」というコレクションで展開しています。
今回ご紹介する3PBも、そのDaywareコレクションの一つです。

なぜ、久しぶりの今回に、この3PBを紹介するのかと言えば、今私が一番愛用しているアイテムであることはもちろん、これを日本でもオーダーできるように準備中であるからです。
日本でのオーダー開始に関しては、また別途お知らせする予定ですので、今回は3PBの説明に集中したいと思います。

https://thearmoury.com/products/cotton-drill-3-pocket-blouson
https://thearmoury.com/products/cotton-drill-3-pocket-blouson

3PBは、アーモリーのDaywareコレクションの新商品として2019年の春夏シーズンにリリースされました。
リリース以降、アーモリーの共同オーナーのMarkさんがかなりの頻度で着用されていたので、彼のインスタグラム等を通して、3PBを着ている姿を見たことがある方も多いかと思います。

https://www.instagram.com/markchodotcom/
https://www.instagram.com/markchodotcom/

3PBの商品を簡単に説明する必要があるかと思いますが、3PBは3ポケットブルゾンの名の通り、パッチポケットが3つあり、裏地も芯地もない1枚仕立ての着丈の短いブルゾンです。
ちなみに、非常に丁寧なマシンメイドですが、ボタンホールは職人による手縫いで仕上げられています。

Markさんが企画されたこともあり、襟の高さやパッチポケットの形など細かな部分までしっかりとデザインや実用性が考えられています。また、縫製は香港で67年続く歴史あるシャツ工場で縫製されていますので、商品としての質において何か言う必要はないでしょう。

Cotton Ripstop 3PB
Cotton Ripstop 3PB

冒頭で「愛用している」と書いた通り、私はすでに4着持っていて、仕事場や店舗はもちろん自宅にいる時も、ジャケットではない日は常に着用しています。
下の写真が私の持つ4着ですが、1着は2020年春夏コレクションとしてアーモリーからリリースされたネイビーコットンの既製品で、その他の3着はMTOでカスタムオーダーしたものです。
ヴィンテージのウール/モヘアのバーガンディ、Harrisonsのグリーンのヘリンボーンリネン、VBCのネイビーウールでオーダーし、どれもとても気に入っています。

Cotton Ripstop 3PB
MTO - Vintage Burgundy Wool/Mohair -
MTO - Harrisons Green Herringbone Linen -
MTO - VBC Navy Wool -

私の4着は、この春夏のサンプルとしてお願いしたものなので、コットン、ウール、モヘア、リネンといった生地ですが、秋冬にはより厚手のコットンやツイードなども3PBを作るのにはとても良い選択肢です。
Markさんは昨秋冬のIGポストで、ヘヴィーウェイトのコットンとツイード生地の3PBのスタイルを紹介してくれています。

https://www.instagram.com/markchodotcom/
https://www.instagram.com/markchodotcom/

3PBのスタイリングについて話をしたいのですが、偶然にも今まさにピックアップした2枚の写真がカジュアルとドレスの着こなしそれぞれを見せてくれています。
大前提として、”組み合わせるアイテムや自分自身に合うかどうかを見極めてから” という注意点はありますが、ノーネクタイとデニムやチノといったカジュアルスタイルでも、ネクタイとトラウザーズといったスタイルでも、どちらにも馴染むブルゾンであることはわかっていただけるでしょう。

3PBの日本でのオーダーに関して

別途アナウンスはありますが、少しだけ3PBの日本でのオーダーに関して紹介させていただきます。

オーダーはMTO(メイド・トゥ・オーダー)で、サイズ「XS・S・M・L・XL・XXL」と、仕立てる生地をお選びいただくシステムとなり、香港で67年続く老舗ファクトリー製です。
金額は生地により異なりますが、予定では約75,000円+税 ~案内予定で、例えば、下の写真のリネン生地は、80,000円+税となります。
上記の金額には、香港-日本の国際配送料ならびに関税がケアされています。

現在、準備中でございますので、また詳しいことは改めてアナウンスいたします。

MTO - Harrisons Green Herringbone Linen -
MTO - Harrisons Green Herringbone Linen -
MTO - Harrisons Green Herringbone Linen -
MTO - Harrisons Green Herringbone Linen -
motokwok

Moto Kwok-fan

Moto was born and raised in Japan and has lived and worked in Shanghai and Hong Kong.
After he graduated from university, Moto started his career as a real estate and investment agent and digital-marketing. He worked for this industries for about six years and afterwards he started own business as marketing and some fashion brand agent.
In 2018, he joined SARTO GINZA as director and now he in charge of the marketing, promotion and sales department.

Menswear enthusiast and movie props, LEGO block, old Kenner/Hasbro Action figures “Huge Collector”