Tailor Caid/テーラーケイド

Share on twitter
Share on facebook

先日、渋谷にあるテーラー「Tailor Caid/テーラーケイド」へお邪魔してきました。
先月に香港のThe Armoury/アーモリーの9周年パーティー出席のために香港へ行った際に、Markさんから「テーラーケイドの山本さんに届けてほしい」という品物を預かってきたので、それをお渡しするためにお伺いしました。

山本さんとは日本版 The Rakeと伊勢丹のコラボレーションイベントなどで少しだけお話したことはありましたが、しっかりとお話する機会がなかなかなく、今回はとても良い機会となりました。

山本さんのスタイルは、アメリカントラディショナルで、昨今のイタリア至上主義とは全く違うアプローチで、多くの人にとって非常に新鮮に映るかもしれませんし、もしくは、日本では1960年代に流行したスタイル(アイビー)ですので、「古いもの」と感じる人もいるかもしれません。
しかし、アメリカントラディショナルは、音楽・映画などの「文化」と共にその街で暮らす人たちの中から生まれてきた、生活にとても密着したスタイルであるため、実は最も自然なもので流行りとは無縁のスタイルなのです。

そんな山本さんのお話を聞きながら思い出したのは、ブルックスブラザーズのブレザーを着て日本橋や銀座を歩いていた私の祖父の姿で、確かに「街に合った服でかっこよかったな」と、そのスタイルの良さを改めて感じました。幼少期には分からなかった良さを、今感じられたのはうれしい反面、少し寂しさも感じますね。もう少し若い時にそのカッコよさや着こなしを知っていれば、、、“あんな流行りのあるひどい恰好”しなくて済んだのにと。


さて、そんなテーラーケイドは、ニューヨークのアーモリーで年に2回、トランクショーを開催しており、山本さんのスタイルは、ニューヨーカーたちからも絶賛されています。
トランクショーでは、最もトラディショナルな「ナンバーワンサックスーツ」はもちろん、アーモリーNYのためだけの限定モデル「モデル99」も非常に人気とのことです。モデル99は、アメリカントラディショナルの雰囲気は残しつつ、現代的なスタイリッシュさもプラスした、エクスクルーシブなパターンです。
頑なにスタイルを守ることを日本人は好きですが、インターナショナルな現代において、それはあまり良い方法ではありません。守るべきスタイルは残しつつ、現代にフィットさせることはとても大切で、山本さんはそれをまさに実行し、これからもずっと愛されるスタイルを仕立てられています。


下の写真に、山本さんと私と一緒に売っているのは、その日偶然いらっしゃった、コートブランド「Coherence/コヒーレンス」の中込さんです。6月にフィレンツェでお会いして以来でしたが、世界中を飛び回り、今は来年1月のPittiに向けた準備でさらにお忙しいご様子でした。

Text and Photos:Moto Kwok-Fan

IMG20191101202324
中央:テーラーケイド 山本さん、右:コヒーレンス 中込さん、左:私Moto Kwok
motokwok

Moto Kwok-fan

Moto was born and raised in Japan and has lived and worked in Shanghai and Hong Kong.
After he graduated from university, Moto started his career as a real estate and investment agent and digital-marketing. He worked for this industries for about six years and afterwards he started own business as marketing and some fashion brand agent.
In 2018, he joined SARTO GINZA as director and now he in charge of the marketing, promotion and sales department.

Menswear enthusiast and movie props, LEGO block, old Kenner/Hasbro Action figures “Huge Collector”