Vol.1 香港シャツメーカー “Ascot Chang/アスコット・チャン”

Share on twitter
Share on facebook

6月8日から6月21日まで、香港、台湾、イタリアへ出張して参りました。
毎年1月と6月にイタリア・フィレンツェで開催される展示会「Pitti Uomo/ピッティ・ウオモ」への参加がメインでしたが、香港・台湾での打ち合わせも多くあり、非常にバタバタとした2週間でございました。
今後少しずつ、こちらのブログにて、今回のピッティのお話を書かせていただこうと思っております。

ただ、今回から数回は、イタリアの後の香港滞在時に訪れた、香港を代表するシャツブランド「Ascot Chang/アスコット・チャン」のお話をさせてください。

「Ascot Chang/アスコット・チャン」は、1953年創業のビスポークシャツメーカーで、現在、香港に4店舗、アメリカに2店舗、フィリピンに4店舗、中国に5店舗を展開しています。基本的に、ビスポークシャツがメインですが、既成品のシャツの展開や、店舗によってはイザイアやブリオーニの商品も取り扱っています。
また、様々なショップとのコラボレーションも積極的に行っており、「The Armoury/ジ・アーモリー」、「Bryceland’s/ブライスランズ」、「Oak Room/オークルーム」などでMTMオーダーやダブルネームの既成品を展開しています。

現在、創業者のアスコット・チャンの息子、Tony Chang/トニー・チャンが仕切っておりますが、SNSなどのメディアには、トニーの息子、いわゆる3代目のJustin Chang/ジャスティン・チャンが登場することが多いと思います。
彼は、私と年齢も近く、いろいろな部分で共通点の多い友人です。今回、彼の厚意で、アスコット・チャンのオフィスと工房を見学させてもらました。

次回、具体的に彼らの工房のご紹介をさせていただきます。

Text and Photos:Moto Kwok, Sally Kwok

シャツの型紙保管棚
創業一族3代目のジャスティン
motokwok

Moto Kwok-fan

Moto was born and raised in Japan and has lived and worked in Shanghai and Hong Kong.
After he graduated from university, Moto started his career as a real estate and investment agent and digital-marketing. He worked for this industries for about six years and afterwards he started own business as marketing and some fashion brand agent.
In 2018, he joined SARTO GINZA as director and now he in charge of the marketing, promotion and sales department.

Menswear enthusiast and movie props, LEGO block, old Kenner/Hasbro Action figures “Huge Collector”