Vol.2 ヴィンテージレザージャケットのお直し

Share on twitter
Share on facebook

お直し作業 -アイテム-

 前回、フィッティングをして導き出した数値などをもとに、まずはレザーを丁寧に解体ししていきます。下の写真は、解体後、サイズを小さくする分の寸法を裁断/カットし、仮止めをした様子です。依頼主の体系に近いサイズのマネキンに着せることで、立体的に仕上がりを確認しています。
 ちなみに、レザージャケットで仮縫いを行う場合は、跡の残らないテープで仮止めし、確認をさせていただいております。ウール生地のスーツの仮縫いと違い、レザーは縫ってしまうと針穴が残ってしまうためです。

IMG_1893 (1)-thumb-585x780-11160
IMG_1894 (2)-thumb-585x780-11162

完成 -アイテム-

 こちらが完成品の着用写真になります。レザーですので、スーツのようにかっちりと合わせるというよりは、多少ルーズに着れるようのにフィッティングとさせていただきました。すでにヴィンテージになっている商品ではありますが、本人にフィットしたことで、より出番が増え、さらに風合いのあるレザーに育っていくことと思います。

比較 -お直し前とお直し後-

IMG_1886 (1)-thumb-585x780-11146
お直し前
IMG_2045-thumb-585x878-11198
お直し後


現行のブランドレザーアイテムはもちろんですが、ヴィンテージのレザーのお直しもとても多くお持ち込みいただいております。
ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。