Vol.3 香港テーラー”W.W.Chan & Sons/WWチャン”

Share on twitter
Share on facebook

 今回は、WWチャンのスタイルのお話をさせていただきます。まず、現在、私がWWチャンのマスターカッター パトリックに頼んで仕立てているスポーツコートをご覧ください。

IMG_20190823_110124_065

 実はまだ1回目の仮縫いしかできておらず、この状態ですが、10月中に香港で中縫い(2回目の仮縫い)をやってもらう予定です。生地はヴィンテージのウール100%で、色味はグリーンです。写真ではグリーンにもグレーにも見えるかと思いますが、実際に見ると赤や青の糸も見え隠れし、より複雑な色をしています。何色もの糸を使っているというのはヴィンテージ生地の一つの特徴でもありますね。
 
 今回私がオーダーしたのは、彼らのハウススタイルほぼそのままですが、英国的な構築されたスタイルから少し砕けたものでお願いしました。肩パットなしで少し広めの肩幅、胸やウエストはゆったりと。参考にパトリックの着用しているスタイルをご覧いただければ、イメージがつくと思います。

 WWチャンに関してはもちろん10年以上前から知っていますが、このスタイルのジャケットを数年前に初めて見たときは驚きました。というのも、老舗の香港テーラーが仕立てたジャケットというのは、基本的に肩のラインが「四角い」からです。イギリスのスーツがそうであるように、香港の老舗テーラーが仕立てるそれも分厚い肩パッドが入った真四角なつくりで、鎧のようなスーツが一般的でした(映画「キングスマン」でコリン・ファースなどが来ているスーツを見ていただければ、私の言う「四角い」という意味がお分かりいただけるかと思います)。
 もちろん、香港テーラーでも肩パッドを薄くしたり、なくしたりする仕立てもやってはいましたが、パターン自体(スーツのデザイン)が英国的であるために、どうやっても四角いシルエットのスーツになってしまうのです。
 ところが、上でパトリックが着ているジャケットは四角ではなく、三角というか、滑らかな肩のラインから、これもまた滑らかな袖がカーブを描きながら流れています。これのスタイルは、ただ単に肩パッドをなくすというレベルの話ではなく、老舗テーラーが新しいスタイルを受け入れ、研究をし、長年使い続けてきたパターンではない、新しいパターンで取り入れたからに他なりません。

 この「新しいスタイルを受け入れて、研究をする」というのが、パトリック、そして、WWチャン香港の魅力であり、強味です。WWチャンが、香港で最も尊敬され、世界中から支持をされるのは、考え方が柔軟で、日々研究を続けるパトリックが屋台骨だからこそです。
 パトリックは、長い歴史を持つレッドギャングテーラーの誇りと技術を守りつつ、多くの顧客の要望に応えるために新しいスタイルやデザインを受け入れ、WWチャンのエッセンスを盛り込んだうえで、顧客に提案を続けているのです。
 
 また、パトリックは今現在、北京のBrioや東京・香港のBryceland’s & Coとコラボレーションモデルを展開していますが、それも彼が要望を的確に理解し、それを実現し、対応できる技術と柔軟さがあるからこそです。
 下の写真は、パトリックがBryceland’sのためにパターンを引いたBryceland’sオリジナルのMTMスーツで、着用しているのはオーナーの一人である、Kenji Cheung/ケンジです。上のパトリックの写真と比べても、肩の落ち方などがまったく違うことがお分かりいただけると思います。

 ちなみに、日本の方で、パトリックの世界観を体験された場合は、こちらのBryceland’sモデルであれば、
Bryceland’sの東京・神宮前ストアでオーダーが可能です(WWチャン香港のオリジナルハウスカットは香港のショップでのみオーダー可能です)。

kenji2
Kenji Cheung/ケンジ

Text and Photos:Moto Kwok, Sally Kwok

motokwok

Moto Kwok-fan

Moto was born and raised in Japan and has lived and worked in Shanghai and Hong Kong.
After he graduated from university, Moto started his career as a real estate and investment agent and digital-marketing. He worked for this industries for about six years and afterwards he started own business as marketing and some fashion brand agent.
In 2018, he joined SARTO GINZA as director and now he in charge of the marketing, promotion and sales department.

Menswear enthusiast and movie props, LEGO block, old Kenner/Hasbro Action figures “Huge Collector”