【3】Liverano & Liverano/リヴェラーノのお直し

Share on twitter
Share on facebook

 Liverano & Liverano/リヴェラーノのお直し第3回目は、仮縫いの様子をご紹介いたします(第1回の記事第2回目の記事)。
 サルト銀座の特徴の一つとして、前回「フィッティング」という工程をご紹介いたしましたが、今回ご紹介する「仮縫い」もまた、我々の特徴と言ってもよいかもしれません。

仮縫い

 通常、「仮縫い」という工程は、フルオーダーメイドのスーツを作る際に行われる工程で、採寸数字を元に簡易的に縫製したスーツを一度お客様に着ていただき、細かな部分の調整をしていく工程になります。
 お直しの場合、仮縫いという工程が発生することは少ないですが、今回のような大型のお直しの場合や、お客様がご希望される場合は、仮縫いを実施させていたくことがございます。

fitting1

 所々に白い糸が見えるかと思いますが、それが生地を仮止めしている糸になります。この白い糸を解けば、このスーツはまたバラバラの「布」に戻ります。
 今回は、カッティングやスタイルが独特なリヴェラーノのスーツであることと、なにより手縫いでのお直しになることもあり、仮縫いの工程は非常に重要でした。
 こうして実際に着用していただき、立体的な状態で見せていただくことで、初めて分かる問題点もありますし、すでに把握していた問題点に対しても、改めて確認することができるため、完成度の高いお直しをご提供することが可能になります。


今回の仮縫いの後、職人が「本縫い(実際の糸で縫って完成させる)」を行い、こちらのリヴェラーノは感性いたします。次回は、いよいよ完成品のご紹介です。

文:Moto Kwok-Fan(モト・クオック・フアン)